青りんごの代表格 「王林」の収穫

更新日:

今日は快晴のポカポカした陽気の下、王林の収穫を行いました。

王林の特徴

j_171107-13_青りんごの代表格 「王林」の収穫

福島県の大槻只之助氏が、「ゴールデン・デリシャス」と「印度」を交配して育成し、1952年に命名された青りんごの代表的な品種です。
外見は、黄緑色の果皮に斑点があるのが特徴。果汁は多く、酸味が少なめで甘味が強い。また特有のさわやかな香りがあります。

 

j_171107-2_青りんごの代表格 「王林」の収穫

黄色系のりんごは、葉をとったり、シルバーシートを敷いたりして、太陽の光をより当てるための着色管理作業がないので、「ふじ」などに比べ育成が楽ですね。

 

j_171107-3_青りんごの代表格 「王林」の収穫

光が当たると黄色く見えますね。

 

j_171107-10_青りんごの代表格 「王林」の収穫

 

今年は台風の影響で、落ちる被害もありましたが、風にも負けなかった強者たちです。
畑で試食しましたが、甘くてジューシーでしたよ。さわやかな風味なので、誰にでも好まれるりんごの一つですね。

インターネットからお買い物できます!

「もったいない」から始まった山ノ内町を知ってもらうためのリンゴ販売店です。小玉、キズものがメインとなりますのでご了承ください。

-農園, りんご
-

Copyright© apopo , 2019 All Rights Reserved.