つがるの葉つみ

更新日:

りんご「つがる」の葉つみ作業が続いています。
りんごの周りのの葉をとり、太陽が良く当たるようにしてあげることで、色が付きをよくするんですね。

 

つがるの特徴

つがるは、ふじに次いで2番目に生産量が多い品種で、酸味が少なく甘いジューシーなりんごです。また歯ごたえがよくシャキシャキした食感も特徴です。
長野県北信地方では、9月中旬から下旬に出荷が始まる早生りんご。

 

j_201708-2_つがるの葉つみ

りんごの周りの葉を摘んでいく。これが一つ一つ行うため大変手間のかかる作業。

 

MG_0520_つがるの葉つみ

葉を摘んだ状態。

葉は光合成をおこないりんごが育つのに重要な役割をしているので、育成状態や天候、気温などで摘む量やタイミングがあります。
あまり摘んでしまうと甘くならなかったり逆に色が悪くなったりとかしてしまう。

 

j_IMG_2954-15_つがるの葉つみ

先に摘み始めたりんごは、たくさんお日さまを浴びて、徐々に色が入りはじめてます。

この後は、玉回しというりんごにまんべんなく日を当てるために回してあげる作業をしていきます。
回すときに無理に回すと落ちてしまったりする。。。

もうすぐ収穫、楽しみです。

 

 

インターネットからお買い物できます!

「もったいない」から始まった山ノ内町を知ってもらうためのリンゴ販売店です。小玉、キズものがメインとなりますのでご了承ください。

-農園, りんご
-

Copyright© apopo , 2019 All Rights Reserved.