信州りんご3兄弟の長男 秋映(あきばえ)

更新日:

長野県生まれのりんご、信州りんご3兄弟の長男となる秋映(あきばえ)の紹介です。
インパクトのある色をしているりんごで、農家さんの畑で初めて見たときは、りんごとは思えない毒々しい色なので、美味しそうに見えなかった。いただいて食べたら見た目とは違い甘く美味しい!食べてみないと分からないですねー。
9月下旬辺りから10月中旬ごろが旬となるりんごです。

j_171030-16_信州りんご3兄弟の長男 秋映(あきばえ)

秋映(あきばえ)とは

「秋映」は、山ノ内町のお隣の中野市で誕生した長野県のオリジナル品種で、「千秋」に「つがる」を交配し育成されました。
「シナノゴールド」シナノスイート」と合わせて信州りんご3兄弟と呼ばれている人気のりんごです。3兄弟の中では、一番早い時期に出荷が始まります。
特徴は、なんといっても果皮の色。ものすごく濃い紅色なんです。というか濃い紫色ですね。果肉は、硬めで甘味が強く、また酸味もありとってもジューシーなりんごです。

j_171030-2_信州りんご3兄弟の長男 秋映(あきばえ) j_171030-4_信州りんご3兄弟の長男 秋映(あきばえ) j_171030-6_信州りんご3兄弟の長男 秋映(あきばえ)

毒々しい色をしてますが、味はとっても良いりんごなんです。収穫量がシナノスイートなどに比べると少ないので、流通する期間が短いかも。

インターネットからお買い物できます!

「もったいない」から始まった山ノ内町を知ってもらうためのリンゴ販売店です。小玉、キズものがメインとなりますのでご了承ください。

-りんご
-

Copyright© apopo , 2019 All Rights Reserved.